ECCELL「保育・子育てラーニングプログラム」BP

「保育・子育てラーニングプログラム」BPとは

お茶の水女子大学「乳幼児教育を基軸とした生涯学習モデルの構築」事業(ECCELL:エクセル)は、2019年度から『保育・子育てラーニングプログラム』として、幼稚園教諭、保育士などの現職者をはじめ、子どもに関わる社会人の方々を対象として、豊かな保育や子育てを実現できるようリカレント学習(学び直し・学びほぐし)の場を設けています。2021年度から、全科目、オンラインでの開講となります。遠方の方も一緒に学ぶことができます。

2年以内にプログラム120時間以上受講すると、履修証明書が授与されるコースです。本プログラムは、文部科学省の職業実践力育成プログラム(BP)に認定されました。BPコースのお申し込みは、2022年度前学期の公開講座(保育デザイン論、もしくは、子育て支援フィールドワーク)と同時に可能です。

2022年度後学期以降は、BPコースを新規にお申し込みできません。科目を一つ一つ受講していただくことになります。(本プログラムは2024年3月で修了します)

 

2023年度後学期募集(2023年10~3月期)

NEW!

2023年度後学期公開科目について、本学ホームページに掲載されましたのでお知らせいたします。

 

 

2023年度後学期募集(2023年10月~2023年3月)

ホームページのURLはこちらです。

 

 

問合せは:お茶大ECCELL社会人プログラム事務局まで。
メール:nyuyoji-reply@cc.ocha.ac.jp